【公式】LIFABLEN・リファブレンは物忘れ・認知症予防サプリ

【公式】LIFABLEN・リファブレンは物忘れ・認知症予防サプリ

LIFABLEN(リファブレン)は、通販限定商品ですので、
本物は、薬局やドラッグストアでは買えません。
激安・安い類似品には注意し、
必ず公式サイトで確認しましょう。

>>>>公式サイトで確認>>>>LIFABLEN(リファブレン)

記憶力

最近ふと、頭のボケかな
ものわすれ、かな、と思うことが多い・・・

例えば
「昨日何を食べたのかよく思い出せなくなった・・・」
「頼まれたことをすぐに忘れてしまう・・・」

ひょっとして、あなたもそういうことを感じていませんか?
何かを取りに来たはずなのに思い出せなかったり、
顔は覚えているのに名前を思い出せないなど、
ちょっとした物忘れが頻繁に起こってしまうのは困りものですね。

年齢を重ねると増えてくることではありますが、
心当たりがあるのなら
出来る限り早急にケアをすることがおすすめです。

物事に全然集中できなくなった

時間の感覚が分からない(ぼんやりする)

朝ごはん?昼ごはん?食べたかな・・・?

何をしようとしていたのか突然忘れてしまう

同じ話を何度も何度も繰り返す

何度も通っている道で迷ってしまう

年齢を重ねた健康面がとても心配や不安がある

人の名前が思い出せない(何度も会っている顔見知りの人)

探しものが見つからない(何処にしまったか忘れる)

場合によっては会話の内容だけでなく会話したこと自体忘れている

などなど。
こんなことで悩まされているのなら

リファブレンで、うっかり・物忘れ防止、脳を元気に!

⇒全薬販売株式会社が販売する毎日の
うっかり、物忘れ防止に!LIFABLEN(リファブレン)で考える毎日をサポート!
(公式サイトで詳細を確認する)

>>>>公式サイトで確認>>>>LIFABLEN(リファブレン)

「リファブレン」は、通販限定商品ですので、
薬局やドラッグストアでは買えません。

定期コース申し込みで初回半額3000円で購入することが
出来てお得になっております。
通常単品購入(通常価格6000円/1箱)ができますが、
電話1本、フリーダイヤルで定期配送をお休みすることも出来ます。
最大で6ヶ月のお休みも可能ですので、便利で良いのではないでしょうか。
もし、解約したくなった場合、これも電話1本で出来ますので、
やはり定期コースのほうがオトクでしょう。


 

LIFABLEN「リファブレン」とは?

全薬販売株式会社から
2015年12月1日(火)から通信販売限定にて新発売され、
あっという間に高い評価を受け、大評判となっている
加齢とともに気になる「最近探し物が増えた」、
「考えることが億劫」や「うっかり」、「ハッキリしない」
などが気になる方向け健康補助食品が
「リファブレン」です。

LIFABLEN・リファブレンには加齢による、
うっかり対策について
考えぬいたこだわり成分が徹底配合されています。

徹底配合された製品特徴:

最近大注目されている
ココナッツオイル(中鎖脂肪酸、ケトン体)』

健康維持をサポートする
いちょう葉エキス

米ぬか由来のポリフェノール
フェルラ酸

血液をサラサラにしてくれる
青魚由来の
DHA
ヒハツエキス

の5つの成分が年齢を重ねた考える力にアプローチします。

健康ポリフェノール成分、サラサラしなやか成分、
考えるエネルギーを徹底的にサポート。
思うエネルギー、さらさらしなやか成分、健康・抗酸化成分の
三方向から「思う、ちから」にアプローチします。

superfood


 

うっかり対策には早めのケア

加齢とともに
物事に集中できなくなったりしがちです。

そんな知力・気力にかかわる健康が気になる方にオススメなのが、
「リファブレン」
ソフトカプセルなので、ご高齢の方でも飲みやすく、
年齢を重ねても元気でアクティブな生活を送る心強い味方になる、
希望がもてるサプリメントです。

モニターや愛用者からの口コミや評判でも高評価を得ており支持されています。

うっかり対策には早めのケアが重要になりますので
「まだまだ若いし、早いから・・・」ということはありません。

最近では、若い人たちの「物忘れ」も増えているようです。
30代後半、40代、50代、60代~と男性・女性、
年齢層も幅広く愛用されています

もちろんサプリメントのみに頼ることなく、
適度な運動や睡眠もうっかり対策には大切となります。

>>>>公式サイトで詳細を確認>>>>LIFABLEN(リファブレン)


 

親の認知症、物忘れ対策

自分の親が、急に物忘れがひどくなったら
かなり心配になりますよね。

当の本人は歳なんだから仕方ない、
とあまり心配してない事も多いですが子供としてはやはり心配です。
あまりに酷い物忘れだと何かの病気なんじゃないか、
もしかして認知症、などと心配にもなります。
予防と対策に早過ぎる、ということはありません。
リファブレンは、
中高年以上の方はもちろんのことなのですが、
高齢者をお持ちのご家族の方がよく購入されるのです。
やはり、親にはいつまでも元気でいて欲しいですから、
高齢の親御さんと同居されている
30代~50代のお子様世代の購入やご注文も多数あるんです。

⇒親のものわすれ、世代ごとの対策、詳細はこちら
>>>>公式サイトで確認>>>>LIFABLEN(リファブレン)(公式サイトへ)


 

LIFABLEN「リファブレン」最もオトクな購入方法

LIFABLEN「リファブレン」は、通販限定商品ですので、
薬局やドラッグストアでは買えません。

定期コース申し込みで初回半額3000円で購入することが
出来てお得です。

通常単品購入(通常価格6000円/1箱)もできますが、
定額コースを申し込んだあと、
電話1本、フリーダイヤルで定期配送をお休みすることも出来ます。

最大で6ヶ月のお休みも可能ですので、便利で安心ですね。
もし、解約したくなった場合も、電話1本で出来ますので、
やはり定期コースのほうがオトクでしょう。

楽天市場、アマゾン、ほかネット通販ショップなどの販売店や
取り扱い店による激安・安い類似品にはご注意ください。
「リファブレン」は、通販限定商品ですので、
本物は、薬局やドラッグストアでは買えません。
必ず公式サイトで確認しましょう。

>>>>公式サイトで最安値を確認>>>>LIFABLEN(リファブレン)


 

LIFABLEN「リファブレン」配合成分について

 

ココナッツオイル

ココナッツオイル
アルツハイマー、認知症に効果があると

今話題の、ココナッツオイルは、
品質を管理する国家機関ココナッツ庁のある
フィリピンでとられた良質のココナッツオイルです。
オイルの製法も、加熱による変性の起きにくい
「低温圧搾法」による原材料を選んでいます。

>>>>ココナッツオイルの詳細はこちら

DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)は
青魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸で、
体内ではEPA(エイコサペンタエン酸)からつくられ、
脳や神経組織の機能を高める働きがあります。
脳は脳内に入れる成分と入れない成分を選別しますが、
DHAは脳内に入ることができ、
DHAは脳や網膜などの組織を構成する成分でもあることから、
脳や神経組織の発育や機能維持の効果が期待されています。

消費者庁の食品の機能性モデル事業では、DHAは
心血管疾患リスク低減や血中中性脂肪低減、
あるいは関節リウマチ症状緩和に十分な根拠があるとされています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)の健康効果
記憶力、判断力を向上する効果
アルツハイマー型認知症に対する効果
血流を改善する効果
視力を回復する効果
精神を安定させる効果

ヒハツエキス

ヒハツとは
コショウ科の植物で東南アジアに分布する植物。
ヒハツは中国やインドで冷え性改善に使われてきたとされます。
ヒハツの果実は乾燥させてスパイスや調味料として利用されてきました。
ヒハツは、未熟で青いまま収穫して、実を蒸して干し、粉末化して香辛料に使用します。
また、抽出エキスがサプリメント等に利用されます。
日本にも奈良時代から唐から送られてきた薬物としての
記録があるようです。
ヒハツエキスの効果として
ヒハツに含まれる辛味物質ピぺリンが、
健胃、整腸作用、エネルギーの代謝を良くする、
血管を拡張して血流を上げ、冷え症を改善するなどの作用があります。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスの主な効果・効能は血流改善です。
イチョウ葉エキスの中にふくまれるポリフェノールの一種である
フラボノイド(イチョウ葉エキスには30種類以上も含まれています)、
そして強力な抗酸化作用を持つギンコライドが、有効成分と考えられています。
イチョウ葉エキスには痴呆症患者の注意力、記憶力低下の改善作用も期待されています。
イチョウは約2億5千万年前から地球に存在し、
度重なる地球の変化を乗り越えてきた強じんな植物です。
中国では何千年もの間、記憶力を回復させ呼吸困難を和らげるために、
昔から伝わるイチョウの果実や葉を利用してきました。
特に脳や毛細血管の血行が大変良くなるため認知症(ボケ)、
高血圧,耳鳴り,神経痛,頻尿,冷え性,アレルギー,
花粉症の改善などに効果があります。

フェルラ酸

フェルラ酸はポリフェノールの一種で、
植物の細胞壁などに含まれる成分です。
抗酸化作用を持つため酸化防止のために菓子やデザートに使用されます。
フェルラ酸には脳機能改善効果や高血圧改善などの効果があり、
最近ではアルツハイマー病の症状改善についても注目されています。
​フェルラ酸には脳神経保護作用があることが実験で明らかになりました。
また、フェルラ酸には老化や酸化ストレスによって、
炎症を引き起こされる脳のβ-アミロイドペプチドを
保護する作用があることがわかっています。
高い抗酸化作用があるため、脳だけでなく、
体全体を健やかさへの効果があります。
フェルラ酸は、
他のポリフェノールよりも体内の吸収率が非常に高いと言われています。
アルツハイマー型認知症患者を対象に行った研究では、
脳の認知機能の改善やアルツハイマーの進行を抑える働きが報告されています。


 

「リファブレン」関連ニュースより抜粋

超高齢化社会を見すえた健康補助食品 「リファブレン」 新発売

全薬販売株式会社
(本社:東京都豊島区 社長:橋本一弘)は、
加齢とともに気になる「最近探し物が増えた」、
「考えることが億劫」や「うっかり」、「ハッキリしない」
などが気になる方にアプローチした健康補助食品「リファブレン」を
2015年12月1日(火)から通信販売にて新発売しました。

高齢化社会による問題として、
「いつまでもハッキリ、元気でいたい」
「いつまでも楽しく仲間、家族と一緒にすごしたい」
という声が高まってきています。

こうしたニーズのため、
めぐりある前向きな毎日をサポートする」
健康補助食品「リファブレン」を発売。

商品名はrefine(リファイン)+brain(ブレイン))からの造語で、
「考える力を洗練」する皆様を応援したいという願いが込められています。

【製品概要】
◇商品名     リファブレン(LIFABLEN)
◇発売日     2015年12月1日(火)
◇販売方法    通信販売限定
◇容器・容量   アルミパウチ  120粒/約30日分
◇販売価格    6,000円(税別)
◇定期購入    初回半額、2回目以降10%OFF

【開発・販売元】
会社名   全薬販売株式会社
創業    1959年1月6日
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-22-14
代表取締役 橋本 一弘
事業内容  医薬部外品、化粧品、食品等の販売並びに輸出他

 

 

公式サイトはこちらをクリック↓

 


 

年齢、老化にともなう記憶力の低下

記憶力の低下は高齢の方だけのものではありません。
実は20歳から徐々に減退していきます。
物忘れは、誰にでも起こりうる日常的な事です。
なんだか今日はやたらうっかりしてるな、
と思ったら、そんな時にサプリメントを活用すると良いかもしれませんね。

日本では高齢化社会の影響か40代、50代はまだまだ若いという風潮があります。
高齢者が元気なのは良いことなのですが、
周りが若々し過ぎて自分の物忘れを言い出せないという方も多いそうです。
確かに物忘れや認知症というと高齢者のかかる病気というイメージが強いことでしょう。
同僚や友達に言いにくい、余計なことを言って
仕事に影響が出たら困ると不安になってしまうのも当然のことです。

そのまま60歳くらいにさしかかると、記憶力の低下と共に
判断力なども衰え始め、物忘れが多くなっていきます。
物忘れが激しい場合、脳を使っていない事が考えられます。
とくに年齢を重ねてくると脳を使わない場合が増えてきます。

よく、車の運転中にシルバーマークをつけている高齢の方の車を
見ていると、若い方に比べて運転速度が遅く、瞬発的な判断が遅いと
感じたことはないでしょうか?

判断力や適応力の低下は、高齢の方であればいつかはアルツハイマーなどの
病気につながってしまうと思いがちですが、本人が自覚しているんであれば
病的な物忘れに直結するということではありません。
物忘れがひどいということでお悩みの方が多いようですが、
その悩みの原因は、物忘れによる日常生活の不具合もさることながら、
今の物忘れが、認知症、に直結するのではないかという
不安感から発生している方も多いようです。

認知症と物忘れがひどい事は症状が似ていますが少し違いますが、
物忘れを防止する方法と認知症を予防する方法は同じだと言われています。
精神的に穏やかない人は、認知症になりにくいと言われています。
ストレスを溜めない人は、ストレスを溜めてしまう人より、
認知症になるケースが圧倒的に低いと言われています。

アルツハイマー病は、いまだに原因が解明されず、
有効な治療薬がないのが現状です。
認知症のなかでは、最も占める割合が多く、
血管性障害を伴うアルツハイマー型もいれると、
患者さんの、約80%が、アルツハイマー型です。

 
公式サイトはこちらをクリック↓


 
欧米と同様に、我が国でもアルツハイマー型認知症が最も多く、年々増加する傾向にあります。

アルツハイマー型認知症=アルツハイマー病(AD)は世界的に最も多い神経変性疾患です。

「アルツハイマー病」とは、この病気についてはじめて報告した、ドイツの精神科医アロイス・アルツハイマーにちなんでつけられた名前です。

アルツハイマー病は1907年、55歳で亡くなられた女性患者さんに関するアルツハイマー博士の論文にちなんで名づけられました。

正式名称を“Alzheimer’s basket cells”といいます。
1907年、ドイツの精神科医であるA.アルツハイマー博士が初めて報告した病気で、報告者である博士の名前が病名につけられました。

認知症といえば、「アルツハイマー病」を思い浮かべる方もいるでしょう。認知症の多くは、アルツハイマー型認知症なのです。

二次性の呼吸器合併症などによって最終的に死に至ることも少なくありません。

アルツハイマー病の原因は未だわかっておらず、特効薬といえる治療薬も、治療法もありません。

この病気の原因は完全には明らかにされていません。β(ベータ)アミロイド蛋白、タウ蛋白が関係して、神経細胞が障害されると思われます。しかし、最大の原因は老化という時間的な因子ですが、どのように関係するかは不明です。

認知症とは,日常生活に支障をきたす記憶およびその他の知的活動能力の消失を示す総称です。 認知症の症例において,アルツハイマー病はその60-80%を占めています。

アルツハイマー病の症状は時の経過と共に進み,最終的には死をもたらします。 症状は多岐にわたりますが,多くの人々が初めに気づくのは,家庭や職場での役割や長い間楽しんできた趣味に影響を与える程度の物忘れです。

イライラして怒りやすくなることやものを盗まれたと主張する被害妄想などの「行動・心理症状」が現れることがあります。「行動・心理症状」は「周辺症状」、あるいは「BPSD」とも呼ばれます。

アルツハイマー型認知症は、いつのまにか始まり、緩やかに進行していくのが特徴です。

アルツハイマー病は、脳の神経細胞の減少、脳の萎縮、脳への老人斑・神経原線維変化の出現を特徴とする病気です。アルツハイマー病の特徴として、まず、脳の側頭葉と呼ばれる部分にある海馬の神経細胞が減るところからはじまります。

アルツハイマー病では脳が萎縮しますから、X線CTやMRIで脳の形を検査します。とくに脳の海馬(かいば)という部分の萎縮が強いので、VSRADという方法で正常者との違いを比較します。

現在知られているアルツハイマー病の危険因子には、次のようなものがあります。
アポリポ蛋白質E4遺伝子を有する者、高脂血症(脂質異常症、高コレステロール血症)、高血圧、糖尿病、肥満、喫煙、頭部外傷の既往。

薬の効果には限界があるので、介護保険などにより、ケアなどの非薬物療法が行われています。非薬物療法は薬と違って、ケアする人のやり方によって差が出ます。また、環境の整備も症状の改善には大切です。

アルツハイマー病は、高齢になればなるほど増え、60歳を超えると多くなり、85歳以上では一段と増えます。

アルツハイマー病ならば非薬物療法により、まず改善を図ってください。公的支援を利用して、介護保険やデイサービスなども利用してください。

アルツハイマー病(認知症)は、遺伝的な素因があったとしても、生活習慣、つまり、食生活の改善や運動習慣の改善により、発症のリスクを軽減したり、発病を遅らせることが可能になると言われています。

高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病にならないように注意することがアルツハイマー病の予防につながるのです・

公式サイトはこちらをクリック↓

リファブレンの評価
使用日
リファブレン
リファブレン
評価
5